FC2ブログ

記事一覧

ゼロから学ぶ!投資生活 株とFX



株とFXの特性 1

株式投資とFXの特性の 違い




まず、投資と聞いて思い浮かぶのはこの2つだと思います。

「株式投資」と 「FX」です。

これらは同じく投資の際に用いられますが、
もちろんこれらは別物です。

これからその違いを紹介していきたいと思います。


今回紹介する違いは、
それぞれはいったい何に投資をしているのか?
つまり「投資対象」についてです。

まず、結論から言いますと、


「株」は「企業」
「FX」は「通貨」

に投資しています。

それでは株のほうから紹介していきます。

株は、
企業がお金を集めるために発行する「株式」を購入しています。
この株式の値段が会社の業績によって変動するのです。

この値の変動で儲けを出すのが株式投資の一般的なやり方です。


次に「FX」です。
FXは変動する通貨に投資しています。
世界各国の通貨は常に価値が変動しています。

1ドルが100円のときもあれば110円のときもあります。

安いときに外国の通貨を買って、その通貨の値段が上がったときに売れば、その値段差の分が儲けになります。
その変動で儲けを出すのがFXの一般的なやり方です。

今回は株とFXの投資対象の違いについて紹介しました。
次回もまた、株とFXの違いを紹介していきたいと思います!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント